So-net無料ブログ作成
検索選択

チャゲアスのアスカ、覚せい剤で逮捕 [芸能界]

554206e2842e34f89bb42cbb073cd2f9_755.jpeg

東京都内のマンションで覚醒剤を所持したとして、警視庁は17日午前、歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(56)=目黒区東が丘1丁目=を覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕し、発表した。「覚醒剤を所持したことはありません」と容疑を否認しているという。
元記事

捕まってしましましたね。最近ではのりピーこと、酒井法子に次ぐ大スキャンダルではないでしょうか。

そもそもの発端は週刊文春がアスカの覚せい剤疑惑をすっぱ抜いたところから始まります。
人気大物デュオ「CHAGE and ASKA」のASKA、飛鳥涼(55)である。2か月ほど前にここでも紹介した週刊文春の記事「シャブ&飛鳥の衝撃 飛鳥涼は『覚せい剤吸引ビデオ』で暴力団に脅されていた!
この記事が大きな話題を呼び、飛鳥はこれを受けて疑惑を否定するコメントをファンに向けて発表。

また否定をしたものの、一転して一部疑惑を容認、週刊文春の記者を呼び出してインタービューに応じたそうです。
そこで知人の医療関係者に「処方」してもらったというアンカナという薬を飲んでいた。と答えたそうです。このアンナカというのは『安息香酸ナトリウムカフェイン』というもので、眠気が取れて創作活動に集中できるので使用していたそうです。

以下、引用
実は、僕が使っていたのはアンナカです。『安息香酸ナトリウムカフェイン』といって通称アンナカと言われる薬なんですけど、二〇〇〇年頃から病院で処方されて飲んでいました。詞を書く時には本当に助かってる。今日は絶対に寝ちゃいけない時ってあるでしょ。眠かったり、ダルかったり。アンナカを一包飲むと、二~三時間は目が覚めるんですよ。(中略)昨年夏過ぎ、そんな話を山本にしたところ『アンナカなら手に入るよ』って言われたんです。その後、いきなり山本がアンナカをプレゼントで自宅に持ってきてくれて、『ちょうだい、ちょうだい』ってなったんです。どこから入手しているのかはわかりませんけどね。(中略)
これが僕の認める唯一の汚点で、薬事法違反ですよね。そこに関しては認めます。でも、病院で処方してもらえる薬ですし、自分としてはそこまで罪悪感はなかった。しかも、毎月受け取っていたわけじゃない
元記事

しかし、どうやらそれだけでは無かったようですね。
下の動画は笑っていいともに出演した時の飛鳥の様子です。
完全に様子がおかしいですね。


また、インタービューの中でこのようなきわどい内容も。
以下、引用
クスリで唯一心当たりがあるとしたら、文春でも薬物疑惑が書かれたエイベックス社長の松浦(勝人)君。彼のパーティーなんかに呼ばれて行ったこともあるから、仲間だと思われたりしていたかもしれない。松浦君ともクスリの話はしたことはないけど、彼にそういう噂があるってことは知っていました。だから僕もその一派かと思われたのか、と思いますけど
元記事

んー、押尾学、のりピーと来て今回の飛鳥の事件ですが、エイベックスのトップがこのような黒い疑惑がある時点で芸能界の闇はやはり深いのかなと思われますね。。。

良い曲が書けるようになる。アーティストの欲求を刺激されて手を出してしまったのか、それとも単純に現実逃避で手を出してしまったのか。しかし行き着く先は地獄なのですよ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
Ads By Google

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。